2009年9月アーカイブ

そろそろ新学期ということで活動予定をお知らせします♪

 

【9月】

23~24日 聖書研究合宿@都内

        テーマ:Real BIBLE

        内容:ゲーム、祈り、聖書研究、証し、ケーススタディなど

【10月】

*変更*9日(金)~10日(土) KGK学内セミナーⅡ

23日(金)          BAYブロック祈祷会@山の上教会18:30~

30日(金)          オール慶應食事会&花火

                @二子玉川→丘庫島公園19:00~

 

【11月】

13日 オール慶應@日吉 18:15~

 

【12月】

*変更*4日 オール慶應クリスマスパーティー@日吉 18:15~

 

定期集会については10月のオール慶應以降からスタート予定なので

決まり次第またアップロードします!

 

KECFの集会は大学生・OBどなたでも参加できます!

他大生もウェルカムです。

 

上記の合宿、集会に参加希望の方は

kecf.info@gmail.com

までご連絡お待ちしております♪

引き続き、執筆担当はI君です!

 

*********************

翌日、ついに待ちに待った(そうでない人もいたかも。(笑))

富士Qハイランドに出発です。

 

宿泊地の方は本当に親切で、富士Qハイランドまで車を出してくださいました。ご好意に感謝でした。また泊まりたいですね。

 

富士Qハイランドに入るなり、まずはFUJIYAMAに乗りました。

時速最大130km、最大落差70m、最後部79mという恐怖以外の何物でもない乗り物にみんな何事もないかのように乗車。

 

本当に早かったです。乗った瞬間、「ああ、降りたい。主よ。助けてください。」という気持ちでした。はい(笑)

 

 

降りた後のみんなの充実した感じの笑みが印象的でした。案の定、後ほどもう一度乗ることになります。はい。(私は二回目は辞退させていただきました★)

 

 

次に、ドドンパに乗ることになります。

スタートから1.8秒で172km/hになるという史上最速の乗り物です。

 

並んでいるときに、謎の音楽に皆さん聞き入っておりました。特に、フランス語の達人のTさんは感慨深そうでした。(笑)というのは、なぜかフランス語で「ドドンパ愛してる。私もだ。(意訳)」という言葉が音楽の間に流れていたからなのです。

そんなことはともかく、172km/hはすごかったです。顔が吹っ飛んでいったかと錯覚させました。

 

 

次に、「ええじゃないか」というどうしてこんな乗り物があるんだと思わせるほどぐるぐる回る乗り物に乗りました。(私は辞退しましたよ。もちろん★)

見ているだけで手に汗握りました。足はブラブラなので踏ん張りもきかない宇宙空間に放りだされたような不思議な感覚が体内突っ走るそうです。(http://www.fujiq.jp/attraction/eejanaika.html参照)

 

 

そして食事の時間ですが、ここで雨が降ってくるのです。

「雨がふって参りますと屋外のアトラクションには乗ることはできませんので予めご了承ください。」というアナウンスに私は、正直心の中では喜びましたが(ごめんなさい。)、みんなでがっかりしました。

 

 

でも、その故はまってしまったものがあります。「ガンダムクライシス」です。これはミッション系のアトラクションで、簡単に説明すると集めるべきものを最初に集めた人、一人がミッションクリアするというアトラクッションでした。最初は戸惑いながら、恐る恐る探すべきものを探しました。

しかし、経験不足KECFのメンバーはミッションクリアできませんでした。しかし、それが私たちの闘志に火をつけました。(特にDさんと今回の旅の主役とも言えるJ君)

 

 

だれも「もう一度行こう」と提案していないのに出口をでて真っ先に入口に向かおうとしている数名。あの姿には感銘を受けました。

 

 

その行動でKECFは一つとなり誰かがミッションをクリアするまで何度か通い続けることになります。すこし騒ぎすぎて「初めての方もいらっしゃいます」と注意もされました。でも最終的には決めるところで決めるKECFのエースとも言えるDさんがクリアしました。

 

 

といった感じで本当に充実した旅となりました。

このような旅を与えてくださった、神様に心から感謝です。

また、この旅を企画してくださったDさんにも本当に感謝しています。

 

「人にはできないことも神にはできるのです。」

                 ルカ1827

 

最高な旅でした。

 

************************

 

さて、これで報告は終わりです!

突然執筆を依頼したのですが、快く引き受けてくれたI君ありがとう!

 

登山あり、賛美あり、証しあり、祈りあり、富士急ハイランドあり、ラーメンあり、しゃぶしゃぶあり・・・

の大変内容の濃い充実した旅行となりました♪

 

母国に帰国したJ君の今後の歩みのために祈ります!

引き続きI君による報告です!

 

*********************

 

KECFの富士山トリップは第二弾があるのです。

 

富士Qハイランドに行くというのです。

 

頂上にたどり着いたみなさんの言葉とは思えないほど元気に、翌日からの富士Qハイランド についての話題。

 

 

私は、実は大の遊園地系乗り物嫌い。少し不安がありました。

 

 

宿泊地に到着の前にT君が合流。

 

待ち合わせ場所の河口湖駅で彼が来るのを待っていました。しかし、彼が来るのを待っているのはいいものの、彼の顔を知る人たちがその日の夜に使う花火セットを買いに出かけてしまっていました。

 

つまり、彼の顔を知らないメンバーが待っているという展開です。

すこし焦りましたが、ここはDさんが通りかかる大学一年生っぽい人に「T君?T君?」と聞こえるか聞こえないかぐらいの声で尋ねかかります。もしも本人なら自分の名前に反応してくれるだろうということでしたが、なかなか出会うことができませんでした。

 

 

何はともあれ、最終的にはT君とも合流に成功して宿泊地に向かいました。

 

 

 

まず、宿泊地に着きまして晩御飯のお時間です。

 

しゃぶしゃぶ食べ放題つきの旅館。

 

若者相手にそんなに振舞っちゃっていいのですか?と思うほどの嬉しい特権でした。予想通り私たちはたくさんたくさん食しました。

最高の晩御飯でした。

 

 

 

その後、私たちは先ほど購入した花火を抱えて河口湖に向かいます。

小雨にも負けず花火も無事に終わりました。そして、KECF50周年記念ということで、聖書を開き、皆さんに証を書いていただくように頼みました。

(このBLOGを閲覧されているKECF元代表の方いらっしゃったらぜひ証を書いていただきたいので連絡ください。)

 

 

 

その後賛美を大きな声でして、お祈りをして宿泊先に向かいました。

 

 

しかし、その前にバッティングセンターで楽しみ、小さな小さな誰もいないゲームセンターでプリクラを取り、太鼓をたたいてから帰りました。

 

 

寝る前はお決まりのトランプ。長い一日が終わり就寝。

 

***********************

 

次回の投稿に続きます!

前回記事の続きです!

執筆担当:I君

****************

 

5時頃、再び起きる天気は爽快!

 

神さまへの感謝の思いを胸に、頂上まで登ることにしました。

 

 

しかし、完全に富士山なめきった服装の私ですがここで、試練が訪れます。

 

少し宿泊場所から少し登ったところでこれ以上登山することはできないと悟ります。(通称:高山病)宿泊場所に引き返し休息をとり、下山するという采配を振るう羽目になりました。(では、なぜ頂上に登っていないこの私がこの記事を書いているのでしょうね。(笑))

 

 

なので、私は頂上まで行くことはできませんでしたが、

本当に本当に本当に本当に

景色が良かったそうです。

 

 

 

そして、皆さんに再開したときの登ったみんなの顔は

本当に本当に本当に本当に

充実しておりました。

 

 

 

「小さいことに忠実な人は、大きいことにも忠実であり、小さい事に不忠実な人は大きいことにも不忠実です。」

                            ルカ1610

 

 

確かに、準備できないものもあったのですが、準備できることもあったのでもっと忠実にDさん(今回の富士山旅行のために尽力を尽くしてくださりました。)からのメールに従えばよかったなと神様に思わされました。

 

 

しかし、私は下山の際にとっても親切な家族と出会い、一緒に下山しようと言ってくださり、楽しく下山することができたのです。

 

 

「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない」

                             へブル135

 

 

悲しく下山することなく神様がしっかりと道を用意してくださっていたことに感謝。

 

 

ということで、下山して私たちは温泉に向かいました。そして、温泉で一息ついてYさんとここでお別れ。

 

*******************

次回に続きます!

I君による旅行のご報告です!

 

 

**************************

 

728日~30の間、

J君のお別れ会として、富士山に登ってきました。

 

7人のメンバーが登山しました。

 

 

 

まず、集合場所に行ってみると、皆さんの重装備に私はびっくりしました。

7月も終わり、8月に入ろうとしているこの暑い時期とは思えない格好に戸惑いました。

(そういえば、一人は某高校の体操服で登場!)

 

 

そうです。場違いだったのは私の方でした。寒さを凌ぐ服は約一枚。靴はペラペラ。リュックはないから手提げバック。それはまさしく登山にはふさわしくない格好でありました。(笑)

 

 

 

そして、バスに揺られながら富士山に到着。

 

 

 

一日目の到着先の鳥居荘に向かって出発しました。

 

 

出発時点から軽く雨が降っていてカッパを買うなりしてスタートしました。

雨が降っていて少し大変な登山となります。

 

自然が豊かな富士山でしたが、みんな登山に必死できっとあまり景色は見られなかったと思います。

 

 

 

最初はみんな、楽しそうに話しながらワイワイ登山をしていましたが、中盤からはあまり話し声も聞こえなくなりました。

 

登山とはとても大変なものだと実感した瞬間でした。

 

 

しかし、私はそのころは

「なんだかんだ言っても、リュックじゃなくても、靴がペラペラでも大丈夫。しかも歩いているから寒いどころかむしろ暑いじゃん!」

と思っていました。最終幕に試練が訪れるとも知らずに。。。。

 

 

 

 

無事目的地の鳥居荘にほかのどの宿泊客よりも先に到着して

とても良い寝る場所を提供してくださり、感謝感謝でした。

 

 

 

さっそく御来光を見るために寝て体力を備えました。

(準備のいい人がトランプを持ってきていたので少しトランプで息抜きした一幕も。)

 

 

さらには、「登山の食事はまずい」と信じられていた食事も

最高なカレーが用意されていて本当においしく頂きました。

 

 

食事のあと再び寝る時間がありました。そして、深夜の0時に起床して頂上まで登ろうと企てていました。

 

 

 

しかし、0時に起きると外は予想外の天候。

 

このまま登ったら死ぬかも

と言われるほどの天気で天気が良くなるまでもうひと寝入り。

 

 

********************

 

ここまでが初日のご報告です!

 

なかなか立派な報告を頂いたので

分割してアップロードしたいと思います。

Powered by Movable Type 5.2.12

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。